介護施設の種類など

私たちの周りには幾つもの病院があり、幾つもの介護施設が存在しています。

そんな介護施設の種類として介護保険で被保険者の利用者がサービスを受けることの出来る、

介護保険施設と介護保険と無関係の施設に分類されます。

 

介護保険施設

介護保険施設は

「介護老人保険施設」

と呼ばれる場所以外にも、

・介護老人福祉施設

・介護療養型医療施設

が存在します。

 

 

介護老人保険施設

「要介護認定」を受けた65歳以上の高齢者が対象になっています。

この施設は在宅に復帰させる事を目的とした施設になっています。

対象者としては、現在の病状が安定期にあり、入院して治療を受ける必要はないが、家庭内で自立して生活をする為には問題があり、不安を抱いて看護や介護、リハビリを必要とする人です。

 

 

 

 

介護老人福祉施設

「要介護認定」を受けた65歳以上の高齢者が対象。

身体や精神所に著しく障害を持ち、24時間介護が必要とされ、在宅生活が困難なひとが対象。

福祉型の施設になっているので医者の治療が必要な人は入所不可。

 

 

私のもつイメージでは、結局のところお金があれば人並み以上の施設で暮らすことが可能で、お金がなければ不可能。

施設に行きたくてもいけない人もいます。

在宅介護の大変さやストレスはとても負担になります。

それは介護者にとっても介助者にとっても負担になります。

負担やストレスを軽減するために介護用品が存在するのですが、それだけでは決して楽になるとは言えません。

介護に疲れて殺してしまった。

楽にしてあげたかった。

楽にしてと頼まれた。

そんなニュースを見たことはありませんか?

これの大半の人々が金銭面や精神面に何かしらの不安や悩みを抱えており、そのような結果になってしまっています。

日本は今、高齢化社会と呼ばれているのですが。高齢者にとって住みやすい国と言えるのでしょうか?

今の高齢者の方々が日本の為に命をかけて戦い、命を削って守り抜いて、身を削って働いてくれたからこそ今の日本がある。

そんな人たちが適切な介護や看護を受けられず、介護用品屋看護用品も購入できず、事件や事故が起こってしまう。

環境問題や温暖化問題、原発問題ばかりがニュースで取り上げられ、お金を持っている富裕層の偉いさん達は知らんぷり。

もっと貧困層の人間の事を考え問題定義して行かなくてはダメだと私は思います。

介護用品を作り出す技術があってもそれを購入する事が出来ないのでは需要と供給のバランスもわるくなるばかり。

介護が必要な人にとっての必需品「介護用品」

それがもっと広まるように介護の重要性を国が発信しなくてはいけませんね。