動物の認知症とは

前述した動物の認知症。

これについて知っている人が少ないと思うので説明させて頂きます。

人間と同様に認知症を遅らせる事は出来ても止めることは出来ません。

今の医学ではそれが限界なのです。

だからこそ人間の族が協力して少しでも病気の進行を遅らせる必要があります。

人間より寿命が短く、人間みたいに言葉を話せません。

人間がしっかりと側にいてあげて守ってあげましょう。

認知症予防の為にできる事が幾つかあります。

 

いっぱい話しかけてあげ、コミュニケーションを取る

人間も同じなのですが、コミュニケーション不足は大きなストレスの原因となります。

いっぱい話しかけてあげ、コミュニケーションを取ってあげて下さい。

 

スキンシップの必要性

歳をとると人間は耳が聞こえにくくなり、目が悪くなりますよね?

動物も同じです。

それらが衰えてきたのならば、たくさん触れてあげましょう。

そうする事によって感情が刺激されるので動物にとっても非常に良いと言われています。

 

散歩時にも刺激を

散歩=排泄

これだけの為に散歩に行っている人がいますよね?

「忙しい」「時間がない」など言い訳にならない言い訳をする人もいます。

自分の子供を「時間がない」と言う理由で放っておけますか?

コースを変えたり寄り道したりなどして好奇心を呼び覚ましてあげてください。

 

同居犬を家に

老犬がいる家の人は、小型犬を家に迎え入れてあげてください。

上下関係の誇示やスキンシップを取ることで感情が刺激されます。

 

 

認知症かも知れない犬の行動とは

?

もしかしたら認知症かも知れない。

そう思っても良い犬の行動を幾つか例に挙げてみます。

 

グルグル回ったり後退できなくなってしまう

グルグルと回る行動は痴呆の症状が出てきている犬によく見られることがあります。

前進しか出来ず、後退出来なくなっている。

これらの行動が見られた場合、身体をぶつけてしまっても大丈夫なように柔らかいマットなどで円形のサークルを作ってあげましょう。

 

夜泣きが多い

理由なしに高い声で泣き続けるのは痴呆の症状の一つ。

昼夜逆転してしまう場合もあったり、体調不良や環境への不満で鳴く場合もあります。

体内時計を戻してあげたり、戻すために日向ぼっこをさせてあげたりなどして工夫しましょう

 

おもらしが増えた

これは人間でもある事です。

叱りつけるのではなく、介護用品であるペットシートやおむつを購入してあげましょう。

 

食べる量の増加

量を減らし、回数を増やしてあげるのも効果的です。

カロリーが低いおやつを食べさせてあげ、下痢や嘔吐などの症状が出ていないのであれば特に問題はありません

 

Comments are Closed on this Post

動物の認知症とは